子供を塾に通わせよう|安全を守る方法を詳しく紹介

補習型と受験対策型

目的に沿った選択を

先生と生徒

それぞれの塾が開講しているコース名は多種多様ですが、大きく分けると二つの種類があります。
一つめは、生徒の学校の授業に合わせた内容を実施し、「授業についていけない」という状態をつくらないようにする「補習型」です。
このコースでは、塾が提供する授業は学校の授業進度によって臨機応変に変えられていきます。
塾講師は「学内試験で求められる知識」を伝えることを中心に指導を行います。
そのため、実力テストや期末考査といった学内試験ですぐに成果が表れることが特徴です。
どちらかというと個別指導塾がこのコースを売りにしていると言えます。
二つめは、受験合格に焦点を当てた指導を行う「受験対策型」です。
集団授業を行う塾では、このコースを志望校別に細かく設定していることが多いです。
さまざまな学校の生徒が同じ授業を受けるので、学校の授業進度は無視されることが多いです。
そのため、学内試験で成果をみることができず、塾での勉強成果をすぐには可視化することはできません。
しかし、受験合格のために日々勉強をしている多くの生徒にとっては、この種のコースで塾講師が伝える「頻出問題」や「解法テクニック」が非常に魅力的に感じるはずです。
いずれのコースも、生徒の学力向上に貢献することは間違いありません。
しかし、生徒の現段階での学力を考慮してコースを考える必要があります。
学校の授業内容はすべて受験に必要な内容です。
そのため、学校の授業に不安がある生徒は「補習型」、明確な受験プランとそれに応じる学力がある生徒は「受験対策型」を検討してみましょう。

質問と学力の関係性

教材

扉を入ると、生徒が講師に質問していたり、異なる学校に通う生徒同士が談笑していたり、講師同士が指導方針について話し合っていたりと、塾ではコミュニケーションが豊富にとられている様子が伺えます。
この風景は当たり前のように感じるかもしれませんが、学校では、授業時間外で先生と個別に話す機会は限られています。
当然ですが、他校の生徒と話す機会もなかなかありません。
そのため、講師や他校の生徒と気軽にコミュニケーションがとれる塾の存在は、お子様の学業成績向上に大きく貢献します。
塾の指導形態は、個別指導と集団指導があります。
どちらもそれぞれ異なるメリットがありますが、共通して言えることは「自分が理解できない点をその場で解決する機会を与えてくれる」ということです。
質問をしづらい環境では、「あとで自分で調べよう」という気持ちが働きやすくなり、せっかく授業を通して得た学びや気づきを、最大限に生かせなくなります。
しかし、多くの塾では、講師や他の生徒とコミュニケーションがとりやすい配慮が最大限になされています。
そのため、不明瞭な点をそのままにせず、講師であっても他の生徒であっても、質問をし、解決しやすくなっています。
学習内容の定着のためには、自分で質問することと、人にされた質問に答えることが有効だと言われています。
そのため、塾の配慮は生徒の学力に直結するのです。
学校での土曜日授業や補習が増えている現代でも塾が人気なのは、このような「コミュニケーションによる学力向上」に貢献しているからだと言えます。

集中できる環境

女の子

子供が通う塾の選び方に有名高校への合格者数で決める人もいますが、一つの目安とする時には、何人くらいの生徒が通っている中でどのくらいの人数が合格したかを確認しましょう。
生徒の数が多いのに、数人しか合格していない塾を選ぶのではなく、数人の生徒しかいないのにほとんどの生徒が合格をしている塾の方が、合格率が高くなります。
合格率が高いという事は、それなりの水準で教えてもらえる塾だという事がわかりますので、選ぶ際の基準にする事が出来ます。
塾に通うメリットは、塾に行けば勉強をする環境が整っていますので、集中して勉強しやすいというのがあるでしょう。
1人で家で勉強をしようとしても、テレビやゲームなどの誘惑がたくさんありますので集中しにくくなりますが、塾であれば勉強をする場を提供してくれますので、気持ちをうまく勉強に傾ける事が出来ます。
家庭教師を雇うメリットは自らが出向いていく必要がありませんので、時間を有効的に使う事が出来ます。
自宅に先生に来てもらうようにすれば、移動時間がありませんので、その時間を勉強にあてる事が出来、睡眠に使えるようになり、限られた時間を上手に使えるでしょう。
家庭教師に指導してもらう場合、一対一での指導になりますので、自分がわからない所をピンポイントで教えてもらう事が出来、苦手を克服しやすくなっています。
わからない所を集中して教えてもらい、繰り返し学ぶ事で、力をつけていけるでしょう。

難関校を目指せる

勉強

塾に通うことのメリットは、主に2つあります。1つ目は、難関校の入試で出題される応用問題にも対応できる学力を身に付けることができることにあります。2つ目は、同じ目標を目指している友達を作ることができることです。

もっと読む

補習型と受験対策型

先生と生徒

塾のコースには、学校の授業を補足する「補習型」と、受験突破を見据えた「受験対策型」があります。現段階での学力レベルに応じて、学校の授業内容に不安がある場合は補習型を、受験の明確なプランがある場合は受験対策型を選択するとよいでしょう。

もっと読む

メリットを把握する

学生

塾に通わせてあげたいが魅力が分からない人も多くいて、なかなか行動をする事ができない人もたくさんいる現状があります。通わせてあげると学力が向上するだけではなく、質問をして問題を解決する能力も身に付くのでその部分まで考えましょう。

もっと読む